おすすめ電子書籍

相続対策で成功する人・失敗する人 なぜ税理士が生命保険活用を勧めるのか?

 

「争族(相続トラブル)」は、資産家だけの問題ではありません。

 

自宅が主な相続財産というごく普通の、
それまで仲が良かった一般家庭にも「争族」は起こります。

 

長年、相続対策を専門分野にしてきた経験においても、公的なデータにおいても、
ごく普通の一般家庭にこそ、むしろ「争族は多い」という結果になっています。

 

依頼者の相談を受けていて、これは「争族の黄色信号だな」と思う瞬間は、
依頼者の口から「うちは仲が良いから大丈夫」という言葉が出たときです。

 

被相続人(相続をする側の人)がこの台詞をいったときほど、
いざ相続になると、泥沼化するというケースを数え切れないほど見てきました。

 

ではなぜ、ごく普通の家庭にも相続トラブルは起こりやすいのでしょうか?

 

一般家庭は、相続の主な財産が自宅になります。
そうすると、複数の相続人がいた場合、自宅を引き継いだ人以外から不満が出ます。

 

お金で解決しようにも、手もとに現金がないのでどうしようもないのです。
それどころか、相続税自体を支払う現金さえありません。
たちまち、仲が良かったご家族に亀裂が入りはじめます。

 

このような問題をすべて解決してくれるのが、「生命保険」です。

 

「生命保険に加入するくらいで何ができるんだ」と思う方もいるかもしれませんが、
大半の相続問題は、「生命保険」によって解決されます。
もちろん、資産家の相続にも生命保険は非常に有効です。

 

この本で学んでいただいたことを、
ご家族間、相続人間で共有することで、さらに絆が深まり、
「家」と「財産」をスムーズに伝承していただければと思います。

 

 

 


  

  

  

  

  

 

キンドル

 

目次

 

  • 第1章 生命保険を賢く活用すると相続はここまで有利になる

     

    ・そもそも生命保険は本当に必要か
    ・「争族」は普通の家庭にこそ起きやすい
    ・保険金による「代償分割」で相続がスムーズに
    ・「代償分割」以外の3つの遺産分割方法
    ・生命保険絡みの相続トラブル集

  •  

  • 第2章 生前贈与と生命保険を組み合わせる

     

    ・使い勝手の良い「生前贈与」という仕組み
    ・生前贈与を行うときの2つの選択肢
    ・暦年贈与 贈与税額の計算式
    ・生前贈与を相続人の生命保険にする発想
    ・相続税と贈与税はどちらがお得か
    ・生命保険を活用した3つの相続対策まとめ
    ・相続放棄をしても保険金は受け取れる?

  •  

  • 第3章 保険の中でも相続対策にとくに有効な「終身保険」

     

    ・保険による相続対策と他の選択肢の比較
    ・すべての保険が相続対策に有効なわけではない
    ・10秒で自分に合った保険を選べる「保険活用マップ」
    ・非課税枠は配偶者以外に適用した方がいい
    ・なんと90歳でも加入できる終身保険がある

  •  

  • 第4章 相続税のことで悩む相続人(子)が増えている

     

    ・自宅の相続における親子間のギャップ
    ・親の財産額を聞き出すためのテクニック
    ・不動産の相続では「測量」と「名義人の確認」を
    ・相続という現実からは逃げられない

  •  

  • 第5章 相続対策に「早すぎた」はない

     

    ・遺言書を作成する意味とは
    ・法的効力を持つ遺言書の2つの形式
    ・法律と遺言書はどちらの効力が強いのか
    ・人間関係の良し悪しが相続対策を左右する
    ・相続対策に数年の期間が必要な理由
    ・税理士は相続対策の心強い味方

 

著者紹介

 

税理士 鈴木和宏

 

1955年、大阪府生まれ。
京都産業大学・経営学部卒業後、大手百貨店子会社の経理部に入社。

 

その後、税理士事務所勤務を経て、1984年2月、税理士登録。
同年8月、鈴木和宏税理士事務所を大阪府に開設。

 

2012年、GPC-Tax船場総合会計事務所に名称変更し、所長税理士に就任。

 

関西を中心に、生前贈与や保険と相続に関する多数のセミナー講師を務める。

 

著書「検討してみよう!生前贈与の基礎知識」(ファーストプレス)は、
税務関連の本としては異例の5版を重ねるヒット作となった。

 

最新刊、「相続税対策50のポイント 生前贈与Q&A」も反響を呼んでいる。

 

 

相続対策で成功する人・失敗する人 なぜ税理士が生命保険活用を勧めるのか?

 

キンドル