おすすめ電子書籍アプリ

未来の自分を高める シンプル仕事術36

 

シンプル仕事術

 

私はいつも強い危機感を持っています。

 

「弁護士という資格は、『弁護士業務』ができるというだけであって、
それ以外に何の価値もない。

 

自分にどんな能力があり、依頼者に何を提供できるかを追求し続けなければ、
すぐに埋もれてしまう!」

 

この想いが、私をあらゆるビジネススキルを学ぶことに駆り立てます。

 

仕事管理術、コミュニケーション術、マネジメント術、最新のマーケティング理論など、
これまで数多くのビジネススキルを身につける努力をしてきました。

 

本を読み、実践し、取捨選択し、自分流にカスタマイズする。

 

これを十数年間、繰り返してきました。

 

それは、現在でも変わりません。

 

いくらメディアからの取材依頼がきても、毎年数冊ペースで本の執筆依頼がきても、
弁護の依頼をこなしきれないほどいただいても、

 

「もっと成長しなくては」
「何か勉強できることはないかな」

 

と常に考えている自分がいます。

 

そういった意味で、本書にまとめた仕事術は、弁護士の特別な仕事術ではありません。
一人のビジネスパーソンとしての谷原誠による、ビジネスの場でそのまま使える法則です。

 

私がご紹介する法則の特徴は、「シンプルなこと」です。

 

私は現実主義者ですので、理論のための理論に興味はなく、
現実の仕事に役立つ理論のみを吸収してきました。

 

結果的に、そのようなビジネススキルには、「シンプルなこと」という共通点がありました。

 

どれくらいシンプルで簡単なことかは、目次を読んでいただければご理解いただけるでしょう。

 

ここまできて分かったことは、

 

ビジネススキルというのは、
たった一つのものすごい理論によって劇的に上がるのではなく、
数十、数百というシンプルなものが積み重なって向上するということです。

 

逆説的にいうと、ビジネススキルを高めることは簡単です。

 

一つひとつ自分に合ったものを採り入れていけば、着実に成長していけるのですから。

 

昨日の自分と、今日の自分が同じスキルしか持っていないというのは、つまらないことです。

 

昨日の自分よりも、今日の自分の方が成長しているという実感があれば、
明日はどうなるだろう?と自分に期待がもてます。

 

「自分の未来に期待したい」と願うビジネスパーソンに本書をお届けします。

 

みらい総合法律事務所

弁護士 谷原 誠

 

 

  

  

  

  

  

 

購入者 動画解説特典

 

 

お申し込みはこちら


 

未来の自分を高める シンプル仕事術36 キンドル

 

目次

第1章 私が実践し続けてきた『勉強の法則』

  1. あるべき姿と自分を比べ、差をなくすのが勉強だ
  2. 長時間、集中力を保つには、疲れる前に休むべし
  3. 「なぜ、それをするのか」を考え抜くことで、集中力を高める
  4. 成功した自分をイメージして、モチベーションの落ち込みを防ぐ
  5. 勉強をはじめる前に、勉強法を徹底的に学ぶ
  6. 「聴く勉強法」で、時間を限界まで使う
  7. 過去の人にならないよう、キャリアに合った勉強を意識する
  8. 「あらゆることから学ぶ」という意識を常に忘れない

 

第2章 私が実践し続けてきた『仕事管理の法則』

  1. 手帳をシンプルにすることで仕事を回す
  2. 仕事をお願いする時は、進行管理も一緒に任せる
  3. 目の前にある仕事にすぐ着手する
  4. 突発の仕事は「自分の軸」を基準に、受けるべきか判断する
  5. すべての仕事を 100%以上の完成度で仕上げる
  6. 言い訳をする前に、仕事を終わらせる
  7. 長期プロジェクトは、途中でペースをチェックする
  8. 空き時間をつくらないことを徹底する
  9. 日々、ミッション・ステートメントの手入れを行う
  10. 危機察知能力を高める

 

第3章  私が実践し続けてきた『セルフブランディングの法則』

  1. 専門性を身につけてライバルよりも目立つ
  2. この道のプロになると決意したら、すぐに勉強をはじめる
  3. 小さなチャンスを逃さない 忙しいことを言い訳にしない
  4. 相手の立場になって、役立つ情報発信を行う
  5. 「人と違うこと」をすることで、目標を達成する
  6. 誰にでも分かるよう翻訳して情報発信をする
  7. 苦しくても、上手くいかなくても、情報発信を続ける
  8. ブランディングについては、周囲の意見を聞きすぎない
  9. その道のプロらしい服装で、相手に安心感を与える

 

第4章  私が実践し続けてきた『人間関係の法則』

  1. 一切のネガティブな感情を心から追い出す
  2. 足を引っ張るのではなく、実力でポジションを上げる
  3. 周囲の人が相談しやすい雰囲気をつくる
  4. 自分から理想の環境をつくる努力をする
  5. 「相手に対してできることはないか?」を自分に問う
  6. 相手の立場でどんな風に報告して欲しいか考える
  7. その仕事の背景にあることをきちんと把握する
  8. 自分への問いかけで「なぜ、自分が」という考えを打ち消す
  9. 人脈を広げよう

 

著者紹介

 

谷原 誠(たにはら まこと)

 

交通事故相談を年間1173件受ける(2011年実績)
「みらい総合法律事務所」の共同経営者・弁護士。

 

明治大学法学部卒業。
1991年、司法試験に合格。

 

著書

  • 同業の弁護士から「どうしてそんなに仕事ができるの」と言われる私の 5 つの仕事術(中経出版)
  • 知識ゼロからのビジネス交渉術(幻冬舎)
  • 人を動かす質問力(角川書店)
  • 人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
  • 交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
  • 交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
  • 交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
  • 弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
  • 弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
  • 弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
  • 問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
  • 社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!(万来舎)
  • 事業再生 弁護士が教える7つの方法(パレード)
  • 事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
  • 確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
  • するどい「質問力」! 図解問題を 1 秒で解決する(三笠書房)
  • 弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
  • 『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
  • 『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
  • 思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
  • 他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
  • 病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
  • 訴えてやるっ! たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社)
  • 社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
  • 意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
  • 賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
  • これで万全! 手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

他多数

 

テレビ出演


「報道ステーション」(テレビ朝日) 
「FNNスーパーニュース」(フジテレビ)
「ワイドスクランブル」(テレビ朝日) 
「噂の東京マガジン」(TBSテレビ)
「NEWS リアルタイム」(日本テレビ)
「おもいっきりDON!」(日本テレビ) 
「学べるニュースショー」(テレビ朝日)
「イブニング5」(TBSテレビ)
その他多数

 

 

シンプル仕事術

 

購入者 動画解説特典

 

 

お申し込みはこちら


 

未来の自分を高める シンプル仕事術36 キンドル