おすすめ電子書籍

人に話したくなる日本語の雑学

 

わずか一千年の間に日本人は、
その感性や国民性で和様の日本語を、
豊かで奥深いことばにして、表現してきました。

 

大切に育て、熟成し、磨き上げてきた「ことば」を、
私たち日本人は、日常的に使い、守り伝えて来ました。

 

本書では、いにしえにはこんな使い方をしていた、ということばや、
残しておきたいことば、
そして、復活させたいことばを取り上げています。

 

本書の目的は、日本語の達人を目指すことではではありません。
難しいことばもありますが、意味と使い方を再認識していただき、
今の社会で復活させ、使って欲しいと考えています。

 

図鑑や辞書、難読文字、かるた、歌舞伎、講演録など、
多岐多様な分野から日本のことばとその使い方を紹介した、
今までにない、まったく新しい構成と内容の本にしました。

 

また、誰にでも楽しんでいただけるよう、
漢字パズルも収録しています。

 

本書を読んで、ぜひ日本語の奥深さや美しさ、おもしろさを知って、
味わい、楽しんでください。

 

 

購入者 ダウンロード特典

 

 

キンドル

 

目次

 

  • 第一章 この動物はこんなに奥行きが深かったの?
  • 第二章 こんなこと考えたことも無い!「ん」について考える!
  • 第三章 こんなに読み方があるの? 読み方が複数ある漢字
  • 第四章 「天衣紛上野初花」 これがよめるとかっこいい!
  • 第五章 どの様に数えますか?
  • 第六章 「いにしえのことば」を復活させよう!
  • 第七章 小股の切れ上がったいい女
  • 第八章 今どき漢字で書かないよ!   
  • 第九章 回文 怪文ではありません!飲み会、宴会、合コンで目立つ一言(ことば)
  • 第十章 くり返し文字 忌々しいが読めないなんていまいましい
  • 第十一章 知っていましたか?野暮が宛字であった
  • 第十二章 犬のついた言葉のいろいろ
  • 第十三章 忘れたくないことば集

 

著者紹介

 

長瀬文雄

埼玉県在住、保護司。
1944年生まれ。法政大学経営学部卒業
IT企業に17年間勤務の後、独立し、
OAビジネス研究会を20年間主宰。
漢字に関するクイズの制作者。
「ことばの研究会」を小川氏と共同運営。

 

小川直幸

1945年東京生まれ。法政大学経営学部卒業。
印刷関連機器メーカーに25年間勤務後、
出版印刷業界でDTPの企画制作に携わる。

 

かみふじこうじ

1974年生まれ。東京都在住。
世界中の人に楽しんでもらえるクイズパズルの制作者。

 

 

人に話したくなる日本語の雑学

 

購入者 ダウンロード特典

 

 

キンドル